無くした鍵を、探すよりまず

カギがないと気が付いたとき、どこで無くしたのか、誰だって考えると思います。もしもそのカギに合鍵がなかったなら、本当に困ったことになってしまいます。逆に合鍵があれば、急場はしのぐことができるでしょう。しかしいつまでもその合鍵を使い続けることはおすすめできません。

カギというのは仮に紛失しなくとも、経年劣化によって破損することもあります。特に合鍵は純正キーと比較して、どうしても精度が低くなってしまいます。そして精度の低いカギを使い続けることは、シリンダーやカギそのものにも負担をかけ続けることになるのです。結果としてそのカギは通常のものよりも寿命が短くなってしまうことが多いのです。つまり合鍵は、純正キーよりも破損しやすいというわけです。

カギが無くなったらまずは合鍵で対応する。これは決して間違っていませんが、その後ずっと無くしたカギを探しながら合鍵を使い続けるということは、さらなる破損のリスクを高めることになるのです。
無くしたカギを探すことは大事なことですが、そのカギがどこにいったのかわからない以上、ある程度の時期に交換してしまうことを検討すべきでしょう。合鍵が耐久性能においてどうしても問題があることは考慮すべき点ですが、紛失したカギが出てこない以上、それが誰かに所持されている可能性も、少なからず考えておくべきだと思うのです。

特に女性の一人暮らしなど、自宅のセキュリティーは高すぎても困らないという人にとって、どこの誰が自分の部屋のカギを持っているかもしれないという状況は、決して歓迎すべきものではないはずです。
極端な話、無くしたカギが仮にどこかから出てきたとしても、その状況によっては誰かに勝手に合鍵を作られている可能性を疑う必要があるでしょう。実際に起きた事件でも、紛失したカギで侵入用に合鍵を作られていたケースがありました。
防犯の要となるカギにおいて、用心するに越したことはないのです。